山形県は?第41回プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選 

全国の旅行会社の投票を基にした「第41回プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の結果が発表され、総合部門でかみのやま温泉 日本の宿 古窯(上山市)が5位に入った。また、選考審査委員特別賞「日本の小宿」では、「がまの湯温泉いいで旅館」(飯豊町)と「高見屋 最上川別邸 紅 <タカミヤホテルグループ>」(戸沢村)が、いずれも初めて10選に選ばれた。


かみのやま温泉 日本の宿 古窯

投票は旅行新聞新社が毎年行っている。そのほか100選に入った旅館・ホテルは表の通り。総合1位は和倉温泉の加賀屋(石川県)。

古窯は、前年の4位より一つ順位を下げたが、昨年には加賀屋とともに初回から連続40回総合トップ10入りしたとして特別表彰を受けている。部門別でも全部門でトップ10入りした。企画部門では20年連続の1位。

「日本の小宿」は客室20以下の施設が対象。がまの湯温泉いいで旅館は、季節の山菜料理や飯豊町産のどぶろくなど、手作りの味が高い評価を受けたという。同旅館の山口順之専務は「心を込めてお客さまに提供している食を認めていただき、光栄」と喜びを語った。


がまの湯温泉いいで旅館

紅は、廃業した旅館を再生し、2014年11月に全館オープンした。全客室、ロビー、風呂から最上川を眺められる眺望が特長だ。紅の斎藤裕支配人は「最上川舟下りなど地域の魅力をPRし、地元の方々と一緒に村を盛り上げていきたい」と話した。


高見屋 最上川別邸 紅 <タカミヤホテルグループ>

また、土産物施設トップ10では庄内観光物産館ふるさと本舗(鶴岡市)が4位に、優良観光バス上位10施設では山交バス(山形市)が7位に入った。

| 観光

山形空港と銀山温泉をバスで直結 大石田駅経由で1日2往復


↑山形空港


尾花沢市の銀山温泉と、東根市の山形空港を結ぶ「おいしい山形空港観光バス」の運行が7日、スタートした。県内屈指の観光地へのアクセスが向上するほか、尾花沢市と大石田町の中心部も経由することから、両市町の観光振興も期待される。

1日2往復で、山形空港、JR大石田駅、尾花沢市役所、銀山温泉に停留する。山形空港発は午前9時40分、午後2時半で、銀山温泉発は午前11時半、午後4時10分と、飛行機の発着時間に合わせた。料金は山形空港―銀山温泉間が1500円。このほか、空港を午後6時45分に出発する市役所までの1便と、市役所を午前7時半に出発する1便がある。

はながさバス(尾花沢市)が、山形空港利用拡大推進協議会の支援を受け運行する。星川篤社長は「空路を利用する銀山への観光客はこれまでタクシーやレンタカーに頼らざるを得なかったが、利便性が高まる。さらに尾花沢、大石田の住民が山形空港を利用する機会にもなれば」と話している。問い合わせははながさバス0237(22)2206。


銀山温泉 仙峡の宿 銀山荘
古き良き大正ロマンの漂う銀山温泉。湖上の山々がおりなす四季の彩りをのんびり眺めながら入る露天風呂。
銀山温泉 山形県尾花沢市銀山新畑85

【お料理】
一皿づつお出しするレストラン会席と個室の料亭での桜会席のどちらかをお楽しみいただけます。
いずれもおいしさで定評のある山形牛をご堪能くださいませ。

【温泉】
ようこそ銀山温泉へ
銀山川の清流のせせらぎ、野鳥のさえずり、葉ずれの音・・・。当館自慢の露天風呂は、仙峡の宿にふさわしい幽玄な雰囲気をかもしだします。湯けむりの向こうにひろがるのは、春は新緑、秋は紅葉、冬は一面真っ白の雪景色・・・。耳と目と肌で体の心からくつろげる瞬間を感じて下さい。

⇒銀山温泉 仙峡の宿 銀山荘 宿泊プランへ
| 観光

やまがた景観賞 最高賞に「新庄まつり」が選ばれる


IMG_0622 / gtknj


地域活性化に取り組む人々の情熱が反映された景観などを顕彰する山形経済同友会(熊谷真一代表幹事)の第7回「地域づくりのやまがた景観賞」で、最高賞の県知事賞に、新庄市の新庄まつりが選ばれた。

1756(宝暦6)年に始まったとされる新庄まつりは毎年8月24〜26日に、歌舞伎の場面を再現した豪華絢爛(けんらん)な山車行列やみこし渡御行列などが繰り広げられる。

2009年3月には国の重要無形民俗文化財に指定されたほか、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産候補にもなっている。

山車製作や祭り囃子の活動は町内ごとに長年受け継がれ、地域内での伝統・文化の継承や世代間・地域間交流などに大きく貢献。

市民のまちづくりの原動力となっている。


100_2279 / misawakatsutoshi


山形経済同友会賞には鶴岡市立加茂水族館(鶴岡市)、奨励賞には「街歩き回廊」(金山町)と「山辺町ふるさと交流センター あがらっしゃい」(山辺町)が選ばれた。



ニューグランドホテル<山形県新庄市>
JR新庄駅より徒歩5分の安らぎ空間。客室は広々♪インターネット完備!
山形県新庄市若葉町4-23

【お料理】
朝食
朝食 ¥700 7:00〜9:30
チェックイン時に朝食の確認をさせていただきますので、プランに付いていなくてもお召し上がりいただけます。


山形ケンミン熱愛グルメ「芋煮」☆

【観光スポット】
庭月山月蔵院(山形県最上郡鮭川村大字庭月2829)
1546年(天文15)建立。最上三十三観音打止めの寺で、万願の霊場として信仰が厚い。山門のおかげさま門は、森羅万象に感謝して「お陰様です」と唱えてくぐるのが通例。


⇒ニューグランドホテル<山形県新庄市>の宿泊プラン
| 観光

【続報】さくらんぼ狩りの楽しみ方 思い出を作りに出かけましょう!

山形県上山市にあるかみのやま温泉ではさくらんぼ狩りの宿泊プランが本格的に発表される季節になってきました。

通常のさくらんぼ狩りは大人が1600円で子供が900円になっています。

子供2人の4人家族で入園すると、全員で5000円になります。

食べ放題ですが、時間制限があってほとんどが30分になっています。(ただ、私は8月に行きましたが、入園料は1000円で、時間は無制限という感じでしたね。)

家庭用であれば5000円以内で、本当にきれいに並べてくれたさくらんぼを1kg買うことができるでしょうね。

しかし、ほんの少ししか思い出としては残らないのではないでしょうか。


さくらんぼ 佐藤錦 この商品は1kgで3780円です。

観光農園に行って、暑い太陽の下で食べたさんくらんぼの味は忘れてしまいましたが、思い出はいつまでたっても消えませんね。


旅行の目的には、知らない土地に行って見聞を広める、非日常を感じてくる、ごちそうを食べる、温泉に入る、癒しを求めるなどなど、人によって違ってくると思います。

でも、素敵な思い出をつくりに行くという目的も結構多いと思います。


さくらんぼを果実店で購入するよりも割高になるかもしれませんが、さくらんぼ狩りに行かれるとお金では換算することのできない思い出を作ってくることができます。

かみのやま温泉に行かれましたら、移動時間も含めて1時間ほどで楽しめますので、ぜひ1度は経験してみてください。


5月30日現在、かみのやま温泉の「さくらんぼ狩りプラン」は次のようになっています。



かみのやま温泉 花明りの宿 月の池(6月中旬〜7月中旬)
4つの果樹園から選べる♪さくらんぼ狩りお得なクーポン券付(o^−^o)メインは山形牛赤ワイン煮花懐石 15,120〜17,280円




かみのやま温泉 旅館 静山荘(5月20日〜7月9日)
早朝さくらんぼ体験♪+郷土料理を堪能プラン 8000円〜
早朝さくらんぼ体験♪+選べるしゃぶしゃぶorすき焼きプラン 9945円〜




かみのやま温泉 ニュー村尾浪漫館(6月14日〜7月10日)
赤い宝石さくらんぼ♪狩って食べてご宿泊プラン 11200円〜




かみのやま温泉 三木屋(さぎや)(6月20日〜7月1日)
さくらんぼ狩り 【入園料サービス】 プラン ♪♪ 平日限定 12000円




かみのやま温泉 彩花亭時代屋(6月中旬〜7月上旬)
るるぶトラベル限定プラン☆彡山形へサクランボ狩りに出かけよう!さくらんぼ狩りお得クーポン券付♪♪
(15,440〜23,760円、さくらんぼ狩りは別途費用になります)

すべて1泊2食付で別途に消費税がかかります。

| 観光

かみのやま温泉のさくらんぼ狩り さとう観光果樹園と松伸フルーツセンター


紅秀峰

かみのやま温泉がある山形県上山市ではいよいよさくらんぼ狩りのシーズンに入りますが、11ケ所の果樹園があります。

そこで、私が調べた範囲で情報をお届けしたいと思っています。


さとう観光果樹園はJRかみのやま温泉駅から車で10分ほどのところにあり、6月中旬〜7月中旬頃までさくらんぼ狩りが楽しめます。

営業時間は9:00〜16:00となっていまして、要予約と書かれていましたので、行かれるときには電話を入れてください。

料金は30分間食べ放題で中学生以上1500円、小学生1000円、3才以上500円です。

さとう観光果樹園
上山市関根14
電話番号023-672-7490


佐藤錦

松伸フルーツセンターもJRかみのやま温泉駅から車で10分ほどのところにあり、6月中旬〜7月中旬頃までさくらんぼ狩りが楽しめます。

営業時間は9:00〜17:00となっていまして、予約が必要とは書かれていませんが、行かれるときには電話を入れたほうがお互いにトラブルがなくて安心できるのではないでしょうか。

せっかくの観光旅行で楽しくない思いをするのは避けましょう。

料金は30分間食べ放題で小学生以上1600円、3才〜小学生以下900円、3歳未満無料となっています。

松伸フルーツセンターは土づくりのも気配りをされていて、葉土をいっぱい含んだ山の赤土で園地を作っています。

松伸フルーツセンター
上山市川口791
電話番号023-673-1178

| 観光

かみのやま温泉のさくらんぼ狩り 温室栽培もおこなっている高橋フルーツランド


佐藤錦

かみのやま温泉がある山形県上山市ではいよいよさくらんぼ狩りのシーズンに入りますが、11ケ所の果樹園があります。

そこで、私が調べた範囲で情報をお届けしたいと思っています。

高橋フルーツランドはJRかみのやま駅から車で10分程度のところにあり、上山市のさくらんぼ観光農園の中で唯一ハウス栽培を行っているところではないでしょうか。

さくらんぼ狩りも温室栽培の分が5月中旬から6月中旬まで楽しめます。

料金は大人2700円、幼児1400円とすこし高い値段になっていますが、それだけの価値はありますね。


紅秀峰

露地物のさくらんぼ狩りは6月中旬から7月中旬までで、料金は大人1600円、幼児900円になっています。

営業時間は午前8時30分から午後4時までで、5名以上で行かれる場合には予約が必要となっていますが、4名以下の場合でも予約を入れてから行かれた方が良いと思います。

常設のカフェがあって、高橋フルーツランドのフレッシュな果物をふんだんに使ったパフェが600円とリーズナブルな値段で提供してくれます。

ランチも用意しているようですから、観光農園での昼食も良い思い出になるのではないでしょうか。

土にこだわっているようで、化学肥料を使わずに自家製堆肥で良い土づくりに励んでいます。

上山市だけでなく、山形市の幼稚園などの園児が遠足で訪れることもあるそうです。


1983年(昭和58年)観光果樹園を開始、2004年(平成16年)さくらんぼ畑新設、2006年(平成18年)カフェオープンというのが高橋フルーツランドの歴史です。

高橋フルーツランド
上山市阿弥陀地1368-1
電話番号023-673-4706

| 観光

かみのやま温泉のさくらんぼ狩り ひまわり農園と牧野観光フルーツ園


佐藤錦

かみのやま温泉がある山形県上山市ではいよいよさくらんぼ狩りのシーズンに入りますが、11ケ所の果樹園があります。

そこで、私が調べた範囲で情報をお届けしたいと思っています。

ひまわり農園はJRかみのやま駅から車で10分程度のところにあり、近くには川口観光果樹園・果物楽園うばふところ・山形チェリーランド・斎藤観光果樹・木村観光果樹園があります。

料金は30分間食べ放題で大人が1600円程度、幼児が900円程度になっています。

さくらんぼ狩りは6月中旬から7月中旬で、午前8時から午後5時までですが、美味しく食べるにはできるだけ早い時間に行かれると良いと思います。

予約制になっていますので、行かれる場合には電話をかけてください。

ひまわり農園
上山市皆沢448
電話番号023-674-3443


紅秀峰


牧野観光フルーツ園もJRかみのやま駅から車で10分程度のところにあり、さくらんぼの栽培面積は12000坪で、雨よけ用のハウスになっていますので、雨天でもさくらんぼ狩りが楽しめます。

さくらんぼ狩りは6月7日(土)にオープンの予定で、7月中旬まで楽しむことができます。

料金は30分間食べ放題で大人が1600円、幼児が900円で、2歳以下は無料となっています。

こちらも予約制になっていますので、行かれる前には必ず電話を入れてください。

牧野観光フルーツ園
上山市牧野字中原2020
電話番号023-674-3305



紅さやか
| 観光

かみのやま温泉のさくらんぼ狩り 木村観光果樹園とこんにゃく番所


佐藤錦

かみのやま温泉がある山形県上山市ではいよいよさくらんぼ狩りのシーズンに入りますが、11ケ所の果樹園があります。

そこで、私が調べた範囲で情報をお届けしたいと思っています。

木村観光果樹園はJRかみのやま温泉駅から車で10分ほど走ったところにあり、周辺には川口観光果樹園・果物楽園うばふところ・ひまわり農園・山形チェリーランド・斎藤観光果樹がある果物の宝庫といえる場所です。


紅秀峰

近くにはこんにゃくで有名なこんにゃく番所があり、こちらで昼食をとられるのも山形・かみのやま温泉観光の醍醐味かと思います。

木村観光果樹園に関するデータが非常に少ないので、こんにゃく番所についてちょっとだけ説明します。

こんにゃく番所の正式名称は「楢下塾 丹野こんにゃく」で、丹野こんにゃくの本店になっています。

こんにゃくで作った食品が200種類あって、そば・そうめん・黒豆・焼肉・ゼリーなどなど、見ても食べてもこんにゃくだとは気付かないほどの出来上がりになっています。

おそらく日本でこれだけのものを作っているのはここだけだと思いますが、全国的にはあまり知られていなのが不思議なくらいです。

食事は午前11時から午後5時までで、1000円から3000円ほどで食べることができます。

おすすめは会席料理でしょうね。

1000円の会席料理でも材料費が安いせいか、ボリュームは十分で、女性ならこれでOKでしょうね。

2000円のものだと食べきれないと思います。

かみのやま温泉に行かれてどこで昼食を食べようかと悩まれるようでしたら、ぜひこんにゃく番所を利用してください。

売店もあり、試食コーナーはびっくりするほど充実していますので、必ず覗いてくださいね。


木村観光果樹園
上山市皆沢1239-5
電話番号023-674-2831
| 観光

かみのやま温泉のさくらんぼ狩り オープンカフェがある果物楽園うばふところ


紅秀峰

かみのやま温泉がある山形県上山市ではいよいよさくらんぼ狩りのシーズンに入りますが、11ケ所の果樹園があります。

そこで、私が調べた範囲で情報をお届けしたいと思っています。

果物楽園うばふところはJRかみのやま温泉駅から車で10分のところにあり、歩いて4分ほどのところにはこんにゃく番所があり、観光スポットとしてはとても良い立地ではないでしょうか。

さくらんぼ狩りの期間は6月上旬から7月上旬で、入園時間が午前10時から午後4時までとなっていますのでご注意ください。

さくらんぼの種類としては、高砂・佐藤錦・紅さやか・香夏錦・紅秀峰があります。


高砂

入園料は大人が1600円で、幼児が900円になっていますが、時期によって微妙に違っていますので、直接果物楽園うばふところに問い合わせをして、予約をしてから行かれることをおすすめします。

果物楽園うばふところでは6月8日(日)からオープンカフェが開店します。

7月6日(日)までの期間限定となっていますが、仙台から嫁いでこられた奥さんが、果樹園の果物をたっぷり使ったジュース、パフェやソフトクリームなど旬の贅沢を味わえるスイートを提供しています。

高砂は色・つや・味ともに佐藤錦と遜色なく、露地物で6月初め〜20日頃までと山形県では一番早く出回ります。

佐藤錦は山形県東根市の佐藤栄助さんが育成したもので、糖度は16〜18度で、20度以上になることもあります。
甘酸のバランスが取れた人気の品種です。


佐藤錦

紅さやかは佐藤錦とセネカの交雑によって育成した品種で、糖度は14〜19度、酸度はph3.7程度で、果肉が多いのが特徴です。


紅さやか

香夏錦は佐藤錦と高砂を交雑によって育成した新しい品種で、糖度は高めでやさしい酸味が特徴です。


香夏錦

紅秀峰は樹上での日持ちがよく、糖度が18〜21度、酸度がph3.7〜4.0と、甘みが多く酸度が少ないです。


果物楽園うばふところ
上山市皆沢551
電話番号023-674-2921
| 観光

かみのやま温泉のさくらんぼ狩り 南陽という品種もあるフルーツランドやまがた園


佐藤錦

かみのやま温泉がある山形県上山市ではいよいよさくらんぼ狩りのシーズンに入りますが、11ケ所の果樹園があります。

そこで、私が調べた範囲で情報をお届けしたいと思っています。

フルーツランドやまがた園はJRかみのやま温泉駅から車で10分程度で、さくらんぼ狩りは6月中旬から7月中旬まで行われます。

営業時間は午前9時から午後5時までで、料金は30分間食べ放題で、大人1600円、幼児900円になっています。


紅秀峰

フルーツランドやまがた園には約200本のさくらんぼの木があって、 佐藤錦、紅秀峰、南陽、ナポレオンなどが実っています。

佐藤錦は山形県東根市の佐藤栄助さんが育成したもので、糖度は16〜18度で、20度以上になることもあります。
甘酸のバランスが取れた人気の品種です。

紅秀峰は樹上での日持ちがよく、糖度が18〜21度、酸度がph3.7〜4.0と、甘みが多く酸度が少ない、果樹園一押しの品種です。

南陽は大玉で見栄えが良く、あっさりしているが上品な甘さです 収穫時期が短いことが難点ですね。


南陽

ナポレオンはヨーロッパ産のさくらんぼで、大粒で締まりがあり、ほのかな酸味とともに甘さがたっぷりあります。
6月中・下旬に出回る晩生種です。


ナポレオン


さくらんぼは収穫前に雨に降られると裂果してしまうので、生産者はビニールがけの雨よけテントで雨の被害を受けないように注意を払っています。

だから、雨天でもさくらんぼ狩りで困ることはほとんどないのです。  

7月から8月にはブルーベリーや桃が、8月下旬からは梨狩りが、10月にはりんごやラ・フランスが楽しめます。


フルーツランドやまがた園
上山市三上字半道路1241-194
電話番号023-674-2562
| 観光